【レビュー】SAM Labs Steam Kit(サムラブズストリームキット)スマートなIoTロボット教材、3歳でも自然とSTEMを学べる

  1. 90 view

子供達の科学、技術、工学、数学を向上させるSTEM(ステム)教育向けの教材や玩具が多数販売されています。ロボット教育向け教材の種類は多く何が良いのか分かり難い状況です。

ロボット教育向けの教材は、難しすぎて子供だけでは学べない物や、簡単すぎて玩具でしかないことがあります。電子工学の要素を入れる接続が難しくなり、省略すればラジコンのようにオモチャになります。

スマートなIoTロボット教材SAM Labs Steam Kit(サムラブズストリームキット)の特徴とは

教材に実用的な科学、技術、工学、数学の要素を入れると難しくなり、常に教師となる大人が必要になります。SAM Labs Steam Kitの特徴は、簡単でありながらSTEM(ステム)教育の要素をしっかりと学べることです。当然ある程度は大人のサポートは必要ですが、子供が自発的に理解して学びやすい教材です。

3年前(2014年)の動画を見るとコンセプトがわかりやすいでしょう。従来では、さまざまな電子部品をケーブルで接続する必要がありました。電気的な知識も必要になります。それら課題に対して、単一のブロックで動作するように設計されワイヤレスを実現しました。

電子工学を学んだ大人にしかできなかったことを、知識が無くても、誰でも実現できるようにしたのです。

誰でも実現できるというのは、簡単なようで難しく。電子工学をまったく意識させないほど、簡単にしては、教材として使えません。簡単でありながらしっかりと接続や電力、各機構の仕組みや概念を学べる必要があります。SAM Labsは簡単でありながら学べます。

また学ぶだけは意味がありません。SAM Labsは、アイデア次第でさまざまな作品や試作品を作ることができます。

物理的な動作に加えて、パソコンとの接続も可能です。パソコンと接続できることで、IoTのガジェットにもなります。ネットやパソコンへの接続は、技術的に難しくなるのですがSAM Labsなら、簡易的に実現できます。

SAM Labs Steam Kit(サムラブズストリームキット)はスマートなIoTロボット教材

SAM Labs Steam Kit(サム ラブズ ストリームキット)には、3つのソフトウェアが提供されています。「Curious Cars」、「The SAM Space」、「The SAM Space Education」です。

「Curious Cars」は、子供向けに基本的なブロックの使い方を遊びながら学べるアプリです。iOSとAndroid OSに対応しています。

「The SAM Space」は、SAMブロックを連結して制御するほか、SAMブロックを使ってコンピュータのマウスやキーボードなどを制御したり、TwitterやFacedbook、IFTTTへ接続できます。JavaScriptなどコードのカスタマイズも可能です。OS 10.9+やWindowsに対応しています。

「The SAM Space Education」は、教育者向けバージョンです。同じくOS 10.9+やWindowsに対応しています。

SAM Labs Steam Kitのブロックは、すべてBluetooth接続が可能です。ブロックの電源をオンにするだけでアプリ(iOS)への接続が開始されます。バッテリーも内蔵されています。

「The SAM Space」には、簡易的なビジュアルプログラミング機能が採用されています。プログラム経験が無い人でも、簡単にプログラミングを開始できます。

2020年以降は、AIやIoTなどテクノロジーの時代になることは明白です。子供達の科学技術向上は重要な国策となり、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)の頭文字を取り、STEM(ステム)教育と呼ばれています。

子供がスムーズに科学・技術・工学・数学へ興味を持ち学び、さらなる発展へ進めること目的とした教材です。

大人であれば Arduinoで電子工作を勉強できる

大人であれば、ロボットを始めたいなら Arduino(アルドゥイーノ)かRaspberry(ラズベリーパイ)を購入して、プログラム及び電子工作、センサー、歯車、モーター等のさまざまな機構を通じて学び発展できます。

一般的な知識に加えて、プログラム及び電子工作の理解が必要です。私も実際にArduinoを始めました。これが・・・まったく分からない。

プログラムや電子工作の基礎がないため、うーーーんと唸りながら勉強しています。ただ大人であれば、ネットや参考書を読み、今までの知識から未知の領域を学べるので一歩一歩ゆっくり進めます。

子供でも学べるロボット教材とは

大人はArduinoを購入すれば良いのですが、子供では難しくて何も学べません。そこで子供向けにプログラムや電子工作の概念を簡単にしたロボット教材が販売されています。例えばレゴ エデュケーションです。

LEGO社が作っているロボット教材であり、アプリケーションに従ってレゴと電子ブロックを繋ぎ、簡易ソフトから機構の制御を体験できます。このようなロボット教材は、子供向けに簡易になっているとしても、大人と一緒に組み立てたり、講師や先生がいないと難しくて学べません。教える大人が必要です。大人で作るのに苦労します。

数千円の玩具もあります。センサー類を搭載していたり、簡単なプログラミングを体験できるものもあります。ラジコンみたいなオモチャもあります。そこから科学・技術・工学・数学等の学力向上となるのかは微妙です。ただの玩具(おもちゃ)でしたら、ただのブロックで遊ばせた方が創造力がつきますし長く遊べます。

驚くほどスマートなSAM Labs Steam Kit

SAM Labs Steam Kitは、簡単でありながらSTEM(ステム)教育に繋がる設計がとても良くできています。各1つのブロックにセンサーやモーターやボタンなどの機能が搭載されています。バッテリーも内蔵されていて、それぞれがワイヤレスで接続できます。スマートに考えたアイデアを実行できます。

SAM Labs Steam Kitは、レゴ エデュケーションのように細かくギアやブロックを組み合わせ、センサーやモーターの設置が必須ではありません。もっと簡単に省略して、動かすことができます。つまり子供でも学び易いのです。

SAM Labsを実際に動かしてみた動画

SAM Labsを実際に動かしてみます。SAM Labs Steam Kitのスイッチブロックとモーターブロックの電源を入れます。iPadのアプリにそれぞれのブロックが認識されます。ドラックしてアプリ上で、スイッチとモーターを接続します。これでスイッチを押すと、モーターが動くようになります。もっと発展させてみます。スイッチを二つ繋いでみましょう。左右に曲がれる車ができました。

ゲームから使い方を学べる

子供向けに基本的なブロックの使い方を遊びながら学べるアプリ「Curious Cars」は、3歳から遊べるほど簡単です。

アプリを立ち上げステージを選択します。スイッチボタンに電源入れるように指示があり、電源を入れると自動的にスイッチを認識します。

ボタンを押すとゲームが始まります。宇宙船のゲームであり、ボタンを推している間は、宇宙船が上昇します。上り過ぎても下がり過ぎても爆発します。

他にもカーレースや、実際に車を組み立てたり、スライドを使ってのブロック崩しなど、いろいろなゲームが用意されています。

ゲームで学ぶことで、SAM Labs Steam Kitの使い方が自然と身に付きます。大人は子供と一緒にSAM Labs Steam Kitを使って、適当にゲームを一緒に進めてあげれば、そのままそれが学習となり、先ほどのようにモーターとスイッチを自分で考えて接続できるようになります。

3歳と5歳でSAM Labs Steam Kitで遊ぶ

3歳から遊べてさらに電子工学やプログラムへ発展できる

SAM Labs Steam Kitなら、3歳から自然と遊べ、そのまま発展させればスマートに電子工学の要素である配線(アプリ上から)の知識や、プログラムの要素、各種センサーやモーターなども自在に組み合わせできます。

そこまで自力で学ぶことができれば、 Arduino(アルドゥイーノ)、Raspberry(ラズベリーパイ)を勉強して使うこともできるでしょう。さまざまなロボット教材のなかでも、簡単にかつ応用範囲が高いキットです。

SAM Labs Steam Kitは、STEM(ステム)教育向けの教材として理想的です。