3万円以下で2TB(テラバイト)のUSB外付けSSD(最新USB 3.1 Gen2 Type C規格)を自作する方法

  1. 326 view

2019年4月。2TB(テラバイト)のUSB外付けSSDを購入すると5万円~8万円です。自分で内蔵SSDを購入して、自作すると3万円以下で作れます。しかも最新規格であるUSB 3.1 Gen2 Type C規格に対応です。

USB 3.1 Gen2 Type C規格の2TB SSDをAmazonでチェック

仮想通貨ブームが終わり内蔵SSDの価格がずいぶんと下がりました。外付けSSDは、まだ少し高めです。内蔵SSDを購入して外付けSSDケースに入れることで、誰でも簡単に高速な外付けSSDを作成できます。

 

2TBあると本当に便利

2TBぐらい容量があるとなんでも入りますから、本当に便利です。4K以上の動画を編集する人には必須です。自作PCを知らない人は、USB3.1とか内蔵とか外付けの意味が分からないと思うので、まずは用語の説明を簡単に行います。 2TB(テラバイト)とは、2000GB(ギガバイト)のことです。2TBでも実際にパソコンで認識させると1.8TBぐらいになります。パソコン上では2進数で認識するからです。

外付けSSDと内蔵SSDの違い

内蔵SSDとは2.5インチタイプの四角いSATA接続のストレージです。パソコンの基盤に接続します。最近ではM.2というメモリみたいな形状のSSDも増えています。探すときは、2.5インチの内蔵SSDで検索すれば間違いないでしょう。内蔵SSDはそのままではUSB接続できません。USB接続に変換する基盤が必要です。

USB3.0、USB3.1 Gen1、USB3.1 Gen2 を一行で説明

USB3.0 → 実はUSB3.1 Gen1とほぼ同じ。5Gbps。
USB3.1 Gen1 → USB TypeCをサポート。5Gbps。
USB3.1 Gen2 → USB TypeCをサポート。10Gbpsで早い。

といった感じです。せっかくですからUSB3.1 Gen2にしたいところです。より詳しく知りたい人は下記サイトが参考になります。

USB 2.0 / 3.0 / 3.1は何が違うのか、詳しくまとめてみた。
https://chimolog.co/bto-usb-revisions/

 

2TBの内蔵SSDと外付けSSDケースを探せ

私のオススメはSanDiskの内蔵SSDです。2019年4月時点で2TBで35,780円です。ちょっと高いのですがSanDiskは業界標準で安心です。安いものを探すと30000円以下のSSDがあります。秋葉原などで探せば、25000円台もあります。※2019年4月時点です。

SanDiskの内蔵SSDをAmazonでチェック
AmazonでMicronの2TB SSDをチェック
https://kakaku.com/pc/ssd/itemlist.aspx

外付けSSDケースは、いろいろなものがあります。ピンからキリまで。私が購入したものは、防水&耐衝撃性をもつUSB 3.1 Gen2 Type C対応の外付けUSBケースです。USB Type C→USB TypeA変換コネクタの購入も推奨します。これがあれば通常のUSBコネクタにも接続できます。Type Cにも接続できます。

USB 3.1 Gen2 Type C対応の外付けUSBケースをAmazonでチェック
USB Type C→USB TypeA変換をAmazonでチェック

このケースは、安くて頑丈で丈夫です。残念ながら、作りは荒く価格なりです。頑丈であることは確かです。そしてちゃんと動作しました。

 

SSDを設置は、簡単です。斜めに差し込めばOKです。ちょっと狭いので慎重に作業しましょう。

蓋は六角ネジで締めます。6角のドライバーが必要です。事前に準備しましょう。私の愛用ドライバーはSWISS TOOLSのPBピービー 差替式精密ドライバーセット513CNです。ちょっと高いけど、これは本当に素敵なドライバーです。

PBピービー 差替式精密ドライバーセット513CNをAmazonでチェック


USBケーブルは、ケースの周りに収納できます。ほど良い長さです。Type CをUSBコネクタに変換するコネクタも利用すれば、さまざまなUSB環境で利用できます。あると超便利!

 

内蔵SSDのフォーマット

はじめて内蔵SSDを使用する際には、フォーマットが必要です。ソフマップのフォーマット手順がわかりやすいです。基本的に推奨されている初期設定のままフォーマットを進めればOKです。1点だけ注意事項があります。ファイルシステムはNTFSではなく、exFATを選択しましょう。Mac系でもWindowsでもストレージを認識できます。

ソフマップ フォーマット手順
https://www.sofmap.com/contents/?id=5484&sid=1_res

 

USB 3.1 Gen2 Type Cの外付け2TB SSD完成

完成しました。私が所有しているパソコンは、残念ながらGen1の対応です。5Gbpsまでの転送速度しか出ません。安定した動作をするのか、ちゃんとスピードが出るのか検証します。Gen2での動作は未検証です。

 

400MB/秒の高速外付けSSD

通常のUSB接続とTypeC接続の両方でベンチマークと取りました。両方ともに400MB/秒と高速です。 Gen1 にしては十分な速度です。1.5TBほどの映像データをコピーしました。何も問題なく安定しています。

 

こんな感じで、安いSSDを探せば3万円以下でUSB3.1 Gen2対応の外付けSSDを自作できます。市販品を購入すると5万円以上します。お試しあれ!