記事レビュー

使い方と機能の説明 X-Rite ColorChecker Passport Video(カラーチェッカーパスポート ビデオ)でグレーディング

X-Rite ColorChecker Passport Video(カラーチェッカーパスポート ビデオ)の使い方を紹介します。動画にColorChecker Passport Video(カラーチェッカーパスポート ビデオ)を映しておくことで、動画のグレーディング(カラーグレーディング、カラーコレクション、カラコレ)をより簡単にそして正確にすることができます。もちろん撮影前のカラー調整にも使えます。

ビデオ撮影のワークフローに必須のアイテムです。実際に使ってみながら紹介します。X-Riteはモニターのキャリブレーションや、カラーバランスとコントロールツールなど映像関連のワークフローに役立つ製品を提供しているメーカーです。

ColorChecker Passport Video 4つのターゲット(機能)

ColorChecker Passport Video(カラーチェッカーパスポート ビデオ)は、手帳のように4枚で構成されています。主に4つのターゲット(機能)を持ちます。

1.フォーカスターゲット

中央に向かってゼブラ模様のフォーカスターゲットです。カメラのピーキング機能などを使ってチェックすると、ピントが合っている場合は、ピーキングの線が中央を中心にたくさん見えるため、フォーカスを簡単に調整できます。何気に便利。

2.ホワイトバランス ターゲット

カメラのホワイトバランスを調整に便利なホワイトバランスターゲットです。18%グレーよりちょっと明るいらしく、カメラ側のホワイトバランスを調整をするには理想的とのこと。カメラによって異なりますが、ホワイトバランスの設定機能に入ってターゲットを撮影することで調整できます。

3.グレースケールターゲット

白色ハイライト、40IREグレー、光沢ブラックの3枚で構成されているターゲットです。露出の最適な設定が可能です。適正露出は好みによる所も大きいのですが、白色ハイライトは輝度レベル90、40IREグレー(18%グレー)は輝度レベル40、光沢ブラックは輝度レベル3ぐらいに調整すれば、一つの露出の目安になります。

好みの問題やカメラの設定、光の角度によるところも大きいと考えています。適正ではなく標準露出の参考になるということなのでしょう。

ちなみに輝度(IRE)の表示方法ですが、Premiereの場合は、Lumetriスコープ上で右クリックして、波形-輝度でチェックできます。左側の数字がIRE(輝度レベル)です。

他には、PanasonicのGH5や外部モニター(SHOGUN等)を使えば、ウェーブフォームでリアルタイムに輝度を確認できます

中間グレー(18%グレー)は、人間の目で見た場合、ちょうど白と黒の中間(つまりグレー)に見えます。人の肌色なども中間グレーに近いため、中間グレーを合わせておけば、だいたい適切になるはずです。迷いやすい中間グレーの目安になるので便利です。

ゼブラを設定できるカメラであれば、それを基準にすることもできます。SONY α6300、α6500、一部α7シリーズなどでは、ゼブラの輝度レベルをカスタマイズできます。40に合わせれば、中間グレーのチェックに利用できます。

4.ビデオカラーチップターゲット

ホワイトバランスをより完璧に調整できます。肌色チップ×6個、グレーバランス×6個、ハイライト×3個とシャドー×3個(高光沢ブラックを含む)カラーチップ×6個で構成されるビデオカラーチップターゲットです。DaVinci Resolve、Final Cut Pro、3D LUTクリエイターで取り込むことで、自動的にホワイトバランスを高度に調整できます。

Adobe Premiereなどでもホワイトバランスツールで、グレーバランスの真ん中かちょっと明るめのほうを使うことで、ホワイトバランスの調整ができます。使い方の動画を貼り付けますので参考にどうぞ。

DaVinci ResolveでColorChecker Passport Videoを使う方法

Final Cut ProでColorChecker Passport Videoを使う方法

3D LUTクリエイターでColorChecker Passport Videoを使う方法

Sony α6300を使ってPremiereでグレーディングしてみましょう!

Sony α6300を使ってSlog2でColorChecker Passport Videoを利用した簡易グレーディングをPremiereでします。まず結果の画像を見比べてください。SonyのLUTを使って、グレースケールターゲットを利用して調整しています。グレースケールターゲットを利用したことで、肌色がしっかりと表現されています。ホワイトバランスツールを使ってホワイトバランスも調整しています。

元の映像

ColorChecker Passport Videoでグレーディングした映像

こちら作業の動画

もっと細かく調整したい人はこちらの動画も参考に

以上。さまざまなグレーディング用ソフトとも連携が可能なカラーパスポートチェッカービデオは、映像撮影には必須のツールといえます。撮影直前におまじないのように、カメラの前にかざすだけで安心感が違います。カメラのセッティングや調整にも最適なアイテムです。趣味でカメラを楽しむ場合にも、とても楽しいツールなのでお勧めの一品であります。

 
単体露出計も便利ですよ。

 
Slogを詳しく知りたい人はこちらのSlog特集も参考にどうぞ。

 

 

お問い合わせ

西條製作所は「知りまとめる」「学びつくる」「道具や物」のブログです。記事が誰かのお役に立てば幸いです。ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. 1倍から5倍・10倍以上のさまざまなマクロ撮影方法を紹介。対物レンズで…

  2. 理科の実験室の標本を食べているような味がする「やみつきホルモン」

  3. Slog2とSlog3の違い。8bitのSlog3は本当に使えないのか…

  4. 撮影レビューCanon 一眼レフ交換レンズEF50mm F1.8 ST…

  5. SAMYANGの格安CINEレンズ「35mm T1.5 VDSLR A…

  6. わずか1万円台!手軽に安く本格的に顕微鏡の映像を撮影できるCマウント顕…




最近の記事

  1. 記事レビュー

  2. 記事レビュー

  3. 記事レビュー

  4. 記事レビュー

  5. Sony α7R III

最近の記事

お勧め記事

  1. 記事レビュー

  2. 記事レビュー

  3. Sony α7R III

  4. Sony α7R III

  5. 記事レビュー

PAGE TOP