記事レビュー

SAM Labs Steam Kit 同梱品

SAM Labs Steam Kit(サム ラブズ ストリーム キット)の同梱品を紹介します。17個のブロックと付属品で構成されます。ブロックはそれぞれ機能を持ちワイヤレスでブロック同士を接続することが可能です。

SAM Labs Steam Kit(サム ラブズ ストリーム キット)は、STEAM教育に最適なロボット教材であり、さまざまなカリキュラムから自然とプログラミングや論理的思考を学ぶことができます。SAM Labs Steam Kitの紹介はこちらの記事を参考にどうぞ

スマートなIoTロボット教材、3歳でも自然とSTEMを学べるSAM Labs Steam Kit(サムラブズストリームキット)
https://saijofactory.biz/review-sam-labs-steam-kit/

SAM Labs Steam Kit(サム ラブズ ストリーム キット)同梱品

SAM Labs Steam Kitのブロックには、Bluetoothチップとバッテリーを内蔵しています。MicroUSBコネクタで充電ができます。付属の5-in-1 Micro USBケーブルを使えば、同時に5個のブロックを充電できます。

付属のブロックは、SAM Buttons×2個、SAM RGB LED Lights×2個、、SAM Heat Sensor×1個、SAM Proximity Sensor×1個、SAM Buzzer×1個、SAM Tilt×1個、SAM Light Sensor×1個、SAM Pressure Sensor×1個、SAM Sliders×2個、SAM DC Motors×4個、SAM Servo Motor×1個です。

その他の付属品は、Wheels×4個、Chassis×2個。Roller balls×2個、Controllers×2個、Gear wheels×2個、Large holders×4個、Small holders×10個、Wheels×4個、Bluetooth USB dongles×4個、Micro USB charging cables×2個、5-in-1 Micro USB charging cables×3個です。いかにそれぞれ紹介してゆきます。

SAM Buttons×2個

ボタンのブロックです。カチっと押すことのできるボタンです。さまざまな動作のための基本的なアクションとなります。押すとオン(true)になり、離すとオフ(false)になります。

SAM RGB LED Lights×2個

LEDのブロックです。赤、緑、青のLEDを搭載しています。オンオフ、点滅などさまざまな操作が可能です。信号、ライトなどさまざまな使い方が可能です。指定した色と明るさで動作します。

SAM Heat Sensor×1個

温度センサーのブロックです。温度センサーを利用することで、一定の温度を超えたらモーターを動かしたり信号を発信したり気象に関する基本的な仕組みを作れます。温度は摂氏で0~70度、±3度の精度で動作します。

SAM Proximity Sensor×1個

近接センサーのブロックです。物体が近くにあることを感知できます。IR(赤外線)で0~10cmの範囲で検知します。近いほど大きな数値を送ります。

SAM Buzzer×1個

ブザーのブロックです。1種類の音ではなく階調を作ることができます。警告音として利用するほかにメロディーを鳴らすことができます。SAM Buzzで指定した音と音量(0~100)で音を鳴らします。

SAM Tilt×1個

チルトセンサーのブロックです。傾きを検知してオンオフの信号を送ります。傾きは多段階に検知するものではなく単純にオンとオフだけです。センサーの中にボールが入っていて、一方へ接触することでオンオフを送ります。

SAM Light Sensor×1個

光センサーのブロックです。明るさを数値で検知します。暗い場合は0、明るい場合は100にて0~100の値で明るさを送ります。

SAM Pressure Sensor×1個

圧力センサーのブロックです。力に応じて0~100の値を送ります。センサーの円形部分で圧力を検知して送ります。人間の指で押す力を想定した基準で動作します。

SAM Sliders×2個

スライドセンサーのブロックです。スライドすることで、0から100の値を送ります。多段階でさまざまなブロックの操作や制御に最適です。

SAM DC Motors×4個

DCモーターのブロックです。両方向に回転します。0で停止、20以上の値から回転します。速度や回転方向を指定できます。

SAM Servo Motor×1個

サーボモーターのブロックです。意図した動きが得意なモータです。180度の範囲で稼働します。0で初期位置、50で90度動き、100で180度動きます。

Wheels×4個

DCモーターに接続できるタイヤです。

Chassis×2個

DCモーターやタイヤ、近接センサーを設置できるシャシーです。

Roller balls×2個

シャシーの前方にタイヤの代わりに設置できるローラーボールです。

Controllers×2個

スイッチやスライダー、チルトセンサーを設置できるコントローラです。

Gear wheels×2個、Large holders×4個、Small holders×10個

センサーやモーターを設置できるホルダーやギヤ。

Bluetooth USB dongles×6個

Bluetooth USBドングルです。

Micro USB charging cables×2個

MicroUSBコネクタです。

5-in-1 Micro USB charging cables×3個

一つのUSBから5つのMicroUSBコネクタが分岐しています。同時に5つのブロックを充電ができます。

お問い合わせ

西條製作所は「知りまとめる」「学びつくる」「道具や物」のブログです。記事が誰かのお役に立てば幸いです。ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. Slog2とSlog3の違い。8bitのSlog3は本当に使えないのか…

  2. 使い方と機能の説明 X-Rite ColorChecker Passp…

  3. 理科の実験室の標本を食べているような味がする「やみつきホルモン」

  4. 撮影レビュー Sony α7RⅢ + Pentax M42 SMC T…

  5. Sony α7R3 実はフルサイズよりAPS-Cサイズで4K動画を撮影…

  6. RAW動画撮影できるBMPCCにCarl Zeiss Jena DDR…




最近の記事

  1. 記事レビュー

  2. 記事レビュー

  3. 記事レビュー

  4. 記事レビュー

  5. Sony α7R III

最近の記事

お勧め記事

  1. 記事レビュー

  2. プロジェクトONE

  3. 記事レビュー

  4. 記事レビュー

  5. 記事レビュー

PAGE TOP